社会貢献活動

献血活動

1981年当時、当社社員の家族が大量の輸血を受けた際、その当時はそれと同量の血液を返さなければならないという返血制度があったため、血液を集めるのに大変苦労したという事がありました。

現在ではこのような制度はありませんが、その時の経験からこの社員が中心となって会社で献血をしておこうという事になり、毎年行うようになりました。

輸血は、現在でも血液の機能を完全に代替出来る手段が存在しないため、医療において欠かす事の出来ない治療法となっています。このため、必要な血液を確保し続けなければ、現代医療は成り立たないのです。新鮮な血液の確保は、それほど重要な事なのです。

それ以来続いているこの活動を通じ、社員は命の大切さを考え、社会に貢献していく事の必要性を実感しています。

平成16年7月には、この活動の結果を日本赤十字社から表彰され、平成28年現在で、連続35年続いています。

地域美化活動

新日では、喫煙は健康に害があり、嫌煙権が世間に認められた頃から、喫煙者のために喫煙室を設け、非喫煙者に対する配慮を行ってきました。その後、喫煙者が徐々に減って、社員の喫煙者率が1/4以下になった平成14年9月から全社禁煙に踏み切りました。

当社近くにある東出公園は、社員が休憩時間などに利用するくつろぎの場となっており、喫煙する者には携帯灰皿等を持参させ、公園にゴミを出さないように指導してきました。しかし公園利用者は、当社社員だけではないので、どうしてもゴミが出てしまいます。当社社員がゴミを出しているわけではないにせよ、社員が利用させてもらっている公園はきれいな方がいいという事で、社員の中から「会社周辺や公園の清掃を行って街をきれいにしよう。」という声が上がりました。

当初は有志のみで清掃を行う予定でしたが、どうせなら全社的にやった方が地域美化に対する意識の向上にも繋がるという事で、平成15年4月から毎月第2、第4水曜日の朝8時半から20分間、公園と当社駐車場周辺を3、4名の2班にわかれての美化活動を行う事になりました。

美化活動を行うようになって、社員のモラルも上がり「ゴミは捨てて掃除するより、捨てないようにする。」という考え方が広まり、社内においても自主的に整理整頓が行われるようになりました。

CONTACT US

お問合わせ

建設、補償調査、土地区画整理、
市街地再開発、建築設計、測量、鑑定など
街づくりに関わることは
お気軽にお問い合わせください。